スポンサードリンク
【キーワード例】● 終身保険 入院保険年金保険 ● 自動車保険     
Google

2007年05月26日

生命保険料控除の内訳

こんにちは!!FP晶です。本日は生命保険料控除の内訳についてです。

@所得税生命保険料控除額(一般の生命保険料個人年金保険料共通)

年間正味払込保険料             控除される金額

   2万円以下                     全額  
2万5千円を超え5万円以下        (正味払込保険料×2分の1)+1万2500円
5万円を超え10万円以下          (正味払込保険料×4分の1)+2万5千円
10万円を超えるとき                一律5万円 
 
A住民税生命保険控除額(一般の生命保険料個人年金保険料共通)

年間正味払込保険料             控除される金額

  1万5千円以下                      全額
1万5千円を超え4万円以下        (正味払込保険料×2分の1)+7,500円
4万円を超え7万円以下           (正味払込保険料×4分の1)+17,500円
7万円を超えるとき                   一律3万5千円 

◎MyYahoo で見れます                        ポチッ^^  にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
                  

◎iGoogle ではこう見えます                            Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


保険会社格付・財務情報はこちら保険スクエアbang!/生命保険   最強人気blogランキングへ

『FP資格保持者による生命保険無料相談』はコチラ!


 

                                      
                                                      
        会社を辞めて102万5,110円得した法 

絶対大損させない交通事故保険交渉マニュアル!メールサポートなし版
                        

                                          

高齢者の場合月給32万円の人より月給27万円の人の方が手取額は多いことをご存じですか?『高齢者の賃金決定マニュアル』
Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人が登録
posted by FP晶 at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険料控除について

2007年05月25日

『生命保険料控除』の対象となる契約

こんばんは!!FP晶です。先程のつづきです。

?@生命保険料控除の対象となる契約
 
 保険金等の受取人が、本人または配偶者もしくはその他の親族となっている契約

?A個人年金保険料控除の対象となる契約

 個人年金保険料税制適格特約を付加した契約 です。

*ただし財政貯蓄制度に利用される保険や保険期間が5年未満の貯蓄保険、

団体信用生命保険などは控除対象にはなりません。

最後に生命保険料控除の対象となる保険料ですが、その年の1月1日から12月31日までに

払い込んだ保険料になります。(配当金が有る場合はそれを差し引いた金額となります)

詳しくはこちら^^http://allabout.co.jp/finance/insurance/closeup/CU20050127A/

◎MyYahoo で見れます                        ポチッ^^  にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
                  

◎iGoogle ではこう見えます

保険会社格付・財務情報はこちら保険スクエアbang!/生命保険   最強人気blogランキングへ

『FP資格保持者による生命保険無料相談』はコチラ!

 

                                      
                                                      
                


会社を辞めて102万5,110円得した法 

絶対大損させない交通事故保険交渉マニュアル!メールサポートなし版
                        

                                          

高齢者の場合月給32万円の人より月給27万円の人の方が手取額は多いことをご存じですか?『高齢者の賃金決定マニュアル』
posted by FP晶 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険料控除について

生命保険料控除のからくり!!

こんにちは!!FP晶です。本日は『生命保険料控除と税金』についてです。

まず『生命保険料控除』とは生命保険を契約し、保険料を支払うとその支払保険料に

応じて、一定の額がその年の契約者の所得から控除されます。

これを『生命保険料控除』といいます。

内容としましては、『所得税』『住民税』が軽減されます。

後、『生命保険料控除』は、一般の『生命保険料控除』『個人年金保険料控除』

2種類に分けられていますので、もし仮に一般の保険と個人年金保険に加入されて

いる場合は、それぞれの契約が『生命保険料控除』の対象となりますので、

一度確認されてた方がいいと思います。

*なお日本郵政公社の『簡易保険』『年金保険』、JA共済の『生命共済』『年金共済』

全労災の『こくみん共済』県民共済所定の損害保険契約なども『生命保険料控除』

の対象となります。 つづく                    次回は『生命保険料控除』の対象となる契約です。

◎MyYahoo で見れます                        ポチッ^^  にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
                  

◎iGoogle ではこう見えます

保険会社格付・財務情報はこちら保険スクエアbang!/生命保険    最強人気blogランキングへ

 
『FP資格保持者による生命保険無料相談』はコチラ!
                                      
                                                      
                


会社を辞めて102万5,110円得した法 

絶対大損させない交通事故保険交渉マニュアル!メールサポートなし版
                        

                                          

高齢者の場合月給32万円の人より月給27万円の人の方が手取額は多いことをご存じですか?『高齢者の賃金決定マニュアル』
posted by FP晶 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 生命保険料控除について
無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。